ものづくり現場の技術支援機関

M122:CAD/CAMシステム

●機器名
CAD/CAMシステム
m122
keirin
この機器は競輪の補助を受けて整備したものです。
●概 要
金属製品等をコンピュータ制御の工作機械で加工するための データを作成する装置です。本システムはCAD/CAMソフトウェアとPCから構成され、CADによる形状モデリング(造形)とCAMによるNCデータ (工具経路:加工データ)生成を行います。CADはサーフェス(曲面)による3次元自由形状の造形機能をもちます。
機械加工・金属加工業では、NC工作機械を利用してさまざまな部品加工や金型加工が行われていますが、NC工作機械に所望の動きを行わせるには、NCデータと呼ばれる加工データ作成が必要であり、そのためには本システムが不可欠となります。
●型 式
(ソフト) (株)C&Gシステムズ製 CAM-TOOL
(ハード) 日本ヒューレット・パッカード(株) HP Z400/CT
●仕 様
3軸加工(XYZ)対応機能
サーフェス(曲面)による3次元自由形状の造形機能
加工工程の自動作成機能
送り速度制御機能
高速加工対応機能
工具干渉回避機能
●活用事例金型の切削加・H用のNCデータ作成等
●担 当機械担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.