ものづくり現場の技術支援機関

M118:自動研磨装置(金属組織検査用試料作製装置)

●機器名
自動研磨装置(金属組織検査用試料作製装置)
m118
keirin
この機器は競輪の補助を受けて整備したものです。
●概 要
金属材料の微細構造(組織)を顕微鏡等で検査できるよう、鏡面研磨(表面が鏡のように平滑になるまで研磨することを)を行う装置です。
●型 式
ビューラー社製 エコメット250/オートメット250プロ
●仕 様
研磨可能試料径:1.25インチ(31.75mm)
同時研磨可能最多試料数:6個
研磨円盤回転速度:10~500rpm
試料ホルダ回転速度:30~60rpm
自動研磨荷重:(全体荷重モード)20~260N,(個別荷重モード)5~45N
●活用事例各種金属材料(鋳鉄、アルミニウム合金、マグネシウム合金等)の顕微鏡観察・電子顕微鏡観察用の試料作製
●担 当金属担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.