ものづくり現場の技術支援機関

C225:マイクロ波分解前処理装置

●機器名
マイクロ波分解前処理装置
microwaveoven
本装置は「地域オープンイノベーション創出事業」にて設置された、国の機器です。
●概 要
試料の前処理
懸濁試料や固体試料を高温・高圧で酸分解して溶液化
多検体を同時に短時間で溶液化
●型 式
マイルストーンゼネラル社 START D
●仕 様
前処理本数:6本(最大10本)、容器材質:TFM変性PTFE、容器容量:100mL、使用試薬:硝酸、塩酸、過酸化水素、フッ化水素酸、硫酸、過塩素酸、リン酸、テトラフルオロホウ酸、最大温度圧力:260℃、100気圧、高周波出力:1200W(マグネトロン2.45GHz)、センサー:赤外線外部温度、内部温度、内部圧力、酸蒸気検出
●活用事例 有機物分解、鉱産物分解
●担 当工業化学担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.