ものづくり現場の技術支援機関

C221:高周波プラズマ発光分析装置(ICP)

●機器名
高周波プラズマ発光分析装置(ICP)
c221
この機器は電源立地地域対策交付金により導入したものです。
●概 要
溶液状態の試料に含まれる金属元素などの定量分析を行う装置です。
●型 式
エスアイアイ・ナノテクノロジー(株) SPS3520UV-DD
●仕 様
タイプ:シーケンシャル型
波長範囲:130~850 nm
検出器:光電子増倍管検出器
付属装置:超音波ネブライザー、水素化物発生装置
●活用事例用排水、金属など各種材料、堆肥、土壌、鉱産物、食品中の金属分析など。
元素の種類によりますが、ppb ~ ppmオーダーの分析が可能です。
●担 当工業化学担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.