ものづくり現場の技術支援機関

C208:熱分析装置

●機器名
熱分析装置
c208
●概 要
加熱重量減少挙動や発熱吸熱などの熱的変化の測定に用いる装置
です。
●型 式
(株)島津製作所製 TA-60WSシステム
●仕 様
<TG/DTA(示差熱・熱重量同時測定装置)>
温度範囲:室温~1500℃
<DSC (示差走査熱量計)>
温度範囲:マイナス140℃~600℃
<TMA(熱機械分析装置)>
測定項目:一軸膨張、針入試験、引っ張り試験
温度範囲:マイナス150℃~600℃
試料寸法:直径8×20mm以下(膨張、針入試験)
フィルム:5×1×20mm以下(引っ張り試験)
●活用事例プラスチックの熱的物性変化の測定など。
●担 当工業化学担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.