ものづくり現場の技術支援機関

M210:摩擦磨耗試験装置

●機器名
摩擦摩耗試験装置
keirin
この機器は競輪の補助を受けて整備したものです。
●概 要
金属材料やセラミックス等の同種材料または異種材料間の摩擦摩耗特性(摩擦係数、摩耗量等)を測定する装置です。
●型 式
JTトーシ(株)製 FPD-500/300-01
●仕 様
荷重範囲:50~5000N(高負荷)、0.5~50N(低負荷)
ディスク回転数:5~3000rpm
試料:
イ)ピン:φ5×20Lmm
ロ)ボール:φ9.525mm
ハ)ディスク(3種類):φ30、φ45、φ60mm
ニ)摺動ピッチ:φ10、φ25、φ40mm
※イ)+ハ)またはロ)+ハ)の組み合わせにより試験
●活用事例金属、セラミックス、複合材料、表面処理材等の摩擦摩耗特性評価
●担 当金属担当

 

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.