ものづくり現場の技術支援機関

M123:超高温電気炉

●機器名
超高温電気炉
m123
●概 要
各種材料の熱処理を行う装置です。
●型 式
(株)モトヤマ製 SH-2025D
●仕 様
炉内寸法:幅200mm×高さ200mm×奥行き250mm
最高温度:1700℃

※昇温により各種材料が溶融する可能性がある場合は、炉内への流出を防ぐため、材料を入れるセラミックス等の容器が必要です。事前にご相談ください。

●活用事例各種マグネシウム合金の熱処理実験、セラミックスの焼結実験等
●担 当金属担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.