ものづくり現場の技術支援機関

M112:高周波誘導電気炉

●機器名
高周波誘導電気炉
m112
keirin
この機器は競輪の補助を受けて整備したものです。
●概 要
金属や合金を溶解する装置です。
●型 式
富士電波工業㈱製 FTH-30-3M
●仕 様
溶解量:最大30kg(鉄換算)
高周波電源:定格30kW
現在据付中のルツボの内寸法:直径180mm×深さ254mm
※標準試料の作製等、前に溶解した材料が混ざってはいけない場合は、ルツボの取替え作業が必要です。事前に相談をお願いします。
●活用事例各種合金(鋳鉄、アルミニウム合金、マグネシウム合金等)の溶解・鋳造
各種標準試料の作製
●担 当金属担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.