ものづくり現場の技術支援機関

C215:透過型電子顕微鏡

●機器名
透過型電子顕微鏡
c215
●概 要
観察試料に電子線を照射し、透過した電子像を観察する顕微鏡です。
観察試料は、一般的な直径3mmのグリッドに載せて作ります。
試料作成については、観察対象によって異なります。バルク試料であれば、電子を透過させられる程度の超薄片に加工します。粉体であれば、凝集しないようにして載せます。観察試料が厚い、あるいは凝集していると、うまく観察できません。試料作成の良否が観察結果を決めると言えます。
●型 式
日本電子(株)製 JEM-1010
●仕 様
加速電圧:40~100kV
フィラメント:タングステン
●活用事例・金属ナノコロイドの観察
・シリカゾルの観察
・炭素材料の観察
・ナノ粒子の分散状態観察
●担 当工業化学担当

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.