ものづくり現場の技術支援機関

C203:静荷重試験機

●機器名
静荷重試験機
●概 要
プラスチックや工業製品の強度試験を行う装置。
●型 式
インストロン社:5969型試験システム一式
●仕 様

〇試験種類:引張・圧縮・曲げ・繰返し・クリープ・応力緩和・繰り返し疲労
〇試験制御:クロスヘッド速度・荷重・ひずみ
〇試験空間:クロスヘッド~テーブル間1210mm,柱間410mm
〇ロードセル:50kN, 2kN, 100N
〇伸び計:非接触ビデオ,クリップ式ひずみゲージ,可変差動トランス, 貼付式ひずみゲージ
〇繰り返し疲労試験:1万回以上(条件有)
〇曲げ治具:最大1200mm
〇定盤:T型定盤 400mm×400mm
〇校正:NVLAP(荷重・クロスヘッド速度・ビデオ式伸び計)

●活用事例治具を工夫すれば様々な製品や部品の強度試験や繰り返し疲労が可能です。
お問い合わせください。
●担 当工業化学担当

 

ご利用ガイド

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.