ものづくり現場の技術支援機関

3. 一般公開

科学技術フェア

 次代を担う子どもたちに、実験や体験をとおして「科学」や「ものづくり」への関心を高めていただくために、事前申込み制の実験・体験教室などを実施しています。

大分県産業科学技術センター出張講義開催(R2/7/21)
(県内高校との連携)
演題:『ドローン技術の紹介と大分県産業科学技術センターについて』
日時:令和2年7月21日(火)7時間目(15:25~16:15)
場所:大分舞鶴高校(各クラスと体育館)
対象:1年生 普通科 全生徒(307名)
講師:幸 嘉平太(ゆき かへいた) 氏 (大分県産業科学技術センター 主幹研究員)
泉 保則(いずみ やすのり)氏 (夢想科学株式会社 代表取締役)
概要:令和2年7月21日(火)、大分舞鶴高校にて、1年生307名を対象に「ドローン技術の紹介と大分県産業科学技術センターについて」と題して出張講義を実施しました。

発明・科学体感ウィークの開催
日時:令和元年 11 月 12 日(火)~17 日(日)
会場:OPAM(大分県立美術館)と全労災ソレイユ
大分県立図書館(16 日)
内容:6 種の体験教室、2 種の自由参加イベント
講演「新元素の探索」(16 日)
参加者数: 268 名(延べ・事前申込制)
概要:2019年度は、OPAM(大分県立美術館)と全労災ソレイユにて、6 種の体験教室、2 種の自由参加イベントを実施し、183 名の方にご参加いただきました。
発明科学セミナー(16 日開催)は、今年度から新たな取組として、最先端の科学技術動向を把握してもらい、想像力・発想力の豊富な人間形成を目指すことを目的に大分県立図書館で開催し 85名の方にご参加いただきました。

●過去の開催内容はこちらをご参照ください
2018 科学技術フェア
2017 科学技術フェア
2016 科学技術フェア
2015 科学技術フェア
2014 科学技術フェア
2013 科学技術フェア

2012 科学技術フェア
2011 科学技術フェア
2010 科学技術フェア
2009 科学技術フェア
2008 科学技術フェア
2007 科学技術フェア
2006 科学技術フェア
2005 科学技術フェア

展示ホール

多角的に産業振興に寄与するために、産業界と連携して県民の皆様、ならびに県外の関係者に向けて、 展示ホールを活用した産業情報の発信を行っています。平成8年度から、地域の企業及びその関連技術や文化を紹介する企画展を10の分野で実施しました。 平成14年度からは、センターの研究成果事例を紹介する「業務成果展」を行っています。

No.テーマ概要・開催期間
11業務成果展センターの研究成果事例 (H14.4~)
10竹の宝庫:アジア・生活の道具展 大分県竹工芸・訓練支援センターが収集した,国内やアジア諸国に おける生活道具としての竹製品 (H13.7~H14.2)
9デザイン開発事例展県内企業が商品やパッケージ等のデザイン開発をした事例を開発プロセスを含めて紹介(H12.10.1~H13.2.17)
8大分の家具・装備品展 大分県内の木工・工芸企業の生産する家具・装備品など (H12.4~H12.8)
7大分のプラスチック産業展 大分県内のプラスチック産業関連企業の製品や技術など (H11.10~H12.2)
6大分の機械・電子展 大分県内の機械・電子関連企業の製品や技術など (H11.4~H11.9)
5大分の味噌・醤油 大分で製造されている味噌・醤油,その他の調味料など (H10.10~H11.2)
4大分のデザインと印刷の世界 大分県内の印刷業やデザインに関する仕事内容など (H10.3~H10.9)
3紙パルプとリサイクル 大分で生産されている紙・パルプや,その原料,関連製品, リサイクル技術など (H9.10~H10.2)
2大分の工芸 大分で生まれ,愛用されているロングセラー製品など (H9.3~H9.8)
1大分の酒 大分のお酒に関するものや道具,その他紹介パネルなど (H8.10~H9.2)
PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.