ものづくり現場の技術支援機関

沿革

2016[平成28年4月]機械・金属担当を、機械担当、金属担当とし、10担当制とする。
2013[平成25年4月]電磁力担当を新設、9担当制とする。
2010[平成22年4月]大分県計量検定所を統合、計量検定担当とし、8担当制とする。
2009[平成21年4月]効率的業務体制を整備するため、日田産業工芸試験所を分離して農林水産部農林水産研究センター林業試験場と統合するとともに、竹工芸・訓練支援センターの研究指導課を産業科学技術センターに集約し、管理担当、企画連携担当、製品開発支援担当、電子・情報担当、機械・金属担当、工業化学担当、食品産業担当の7担当制とする。
2006[平成18年 4月]組織フラット化のため企画管 理担当、技術支援担当、電子・情報担当、産業デザイン担当、機械・金属担当、工業化学担当、地域資源担当、食品産業担当、日田産業工芸試験所の8担当1所 制とした
2005[平成17年 4月]大分県農水産物加工総合指導 センターと材料科学部食品科学グループを統合して、食品産業部(通称名:食品産業研究所)を新設
2002[平成14年 4月]企画管理部、技術支援部、情 報産業部、生産技術部、材料科学部、日田産業工芸試験所の5部1所制とし、研究グループ制を導入
2001[平成13年 4月]別府産業工芸試験所を分離し て、別府高等技術専門校との統合により新たに発足した、竹工芸・訓練支援センターに業務を移管
1994[平成6年 5月]大分市高江西一丁目の新庁舎 に移転
1994[平成6年 4月]大分県工業試験場、別府産業 工芸試験所、日田産業工芸試験所を統合して大分県産業科学技術センターを発足
管理部、企画・デザイン部、材料開発部、機械電子部、工業化学部、食品工業部、別府産業工芸試験所、日田産業工芸試験所の6部2所制とする
1990[平成2年 4月]大分県工業試験場を、管理 部、機械部、科学部、電子部の4部制とし、科制を廃止
1990[平成2年 3月]大分県・工業技術院 研究交流センターを発足
1988[昭和63年 4月]大分県工業試験場に地域融合 化センター室を新設
1984[昭和59年 3月]大分県工業試験場の電子部棟 を大分市中判田に新築、電子部電子科を移転
1983[昭和58年 5月]大分県工業試験場に電子部電 子科を新設
1980[昭和55年 3月]大分県日田産業工芸試験所を日田市石井町に新築移転
1969[昭和44年 1月]大分県工業試験場を大分市 郡に新築移転(本館、別館1号、2号、3号)
1968[昭和43年 4月]大分県工業試験場の機構改 革、部科制を導入、庶務部、機械部、科学部の3部制とし、機械部に2科、科学部に4科を新設
1966[昭和41年 1月]大分県日田産業工芸試験所を日田市玉川町に新築移転
1963[昭和38年 10月]大分県別府産業工芸試験所を別府市東荘園町に新築移転
1954[昭和29年 4月]大分県別府工芸指導所を大分県別府産業工芸試験所と改称
大分県日田工芸指導所を大分県日田産業工芸試験所と改称
1952[昭和27年 5月]大分県別府工芸指導所を別府 市秋葉通に新築移転
1951[昭和26年 1月]大分県工業試験場の本館を新 築し工業分析係、合成化学係、機械係を設置
1949[昭和24年 4月]大分県日田工芸指導所を日田 市中央一丁目に新築移転
1948[昭和23年 4月]別府工芸指導所を大分県工業 試験場から分離、独立させ大分県別府工芸指導所と改称
1947[昭和22年 1月]大分県日田工芸指導所を日田 市(商工会議所内)に設置
1938[昭和13年 1月]大分県工業試験場 別府工芸指導所を別府市浜脇に設置
1923[大正11年 9月]大分市舞鶴町に庁舎を建設、 業務を開始
1922[大正10年 12月]内務省商工課から独立し、大 分県工業試験場として発足
1910[明治43年]大分県醸造試験場開設、県内 酒造・醤油業界の指導、試験を開始
PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.