ものづくり現場の技術支援機関

ごあいさつ

センター長からのごあいさつ

cこの度、大分県産業科学技術センターのセンター長に着任した平井寿敏です。

私はこれまで(独)産業技術総合研究所の産学官連携推進部門や九州センターで、産業技術総合研究所の研究成果を産業界に着実に橋渡しするための、さまざまな連携活動の展開に取り組んで参りました。

大分県においても、これらの経験を生かし県内企業の皆様方のニーズに応え、県内産業の興隆を図るべく取り組んでいく所存です。

昨年、当センターでは「第3期中期業務計画」を策定し、平成30年度までの5か年にわたる目標を立てて業務を推進しております。企業ものづくり支援の中核となる設備利用や依頼試験、共同研究、技術研修などを実施していくことは勿論、新たな技術シーズの創成と技術移転により、県内産業の発展に貢献できるよう努めて参ります。

「おおいた産業活力創造戦略2015」では、自動車や半導体、医療機器、食品、環境、電磁力、エネルギーなどの関連産業の振興・育成、3次元造形技術を活用したものづくりの革新、地域資源の活用と地場産業の育成など、中小企業の競争力強化に向けた県の政策を展開するために、行政と研究機関が一枚岩で取り組むことが求められています。

そのためにセンターとしても、さまざまな分野の専門知識をもつ研究員の組織として産学官等のネットワークを生かしつつ、新たな技術にチャレンジします。

どうか今後とも課題の解決や新技術開発に向けてセンターを有効にご活用ください。そして、九州を、日本を、この大分の地から元気にして参りましょう!

平成27年4月6日 センター長 平井寿敏

PAGETOP
Copyright © 大分県産業科学技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.