平成29年7月から平成29年9月にかけて、企業技術研修「微生物検査技術研修」を随時個別に開催し、3社7名の方々にご参加頂きました。
「食の安心・安全」のためには、食品製造所内の清浄度の向上や製造段階の生菌数の低減、流通段階での微生物制御など日々の取り組みが欠かせません。
そこで本研修では、当センター職員が、受講者の皆様から現場の微生物管理上の課題などについて予め個別に聞き取りを行った上で、微生物検査の考え方や試料の取り扱い、培地の調製法などについて説明した後、受講者の皆様に実際の現場で想定される試料を用いて、微生物検査に取り組んで頂くというマンツーマン形式の研修を実施しました。
例えばA社の場合、「前任者から引き継いだ検査手法が本当に正しいのか不安だ。」というご相談をいただき、企業訪問をとおして現場の状況を確認した上で、検査の頻度や目的に応じた器具や合理的な手法をご提案致しました。本研修を受講した皆様からは、「原料や製品の品質を数値化して管理することができ、社内の意識レベルや製品の品質向上に繋がった。」と好評をいただきました。
来年度も、できるだけ受講者の皆さまのご希望に添った形の研修を行う予定にしております。

  
 現地での微生物検査の手順確認 現地での微生物検査の手順確認