センターでは9月15日に「デザインや商品開発のモヤモヤを“スッキリ”解決セミナー」を開催しました。

県内中小企業の方々を対象に、商品開発技術力向上のためのデザインの発想法として、成功する事業を創るための3つのデザイン(商品開発)のポイント①何を作るか、②何が売れるか、③どうしたら売れるかについて、株式会社クルー代表取締役の馬場 了氏を講師としてお招きし、事例を交えて解説していただきました。

研修の中では、デザインや商品開発を行うときに陥りやすい、“企画段階”の「何を作ったら良いのか?」、“ものづくり段階”の「どんなものをつくれば売れるのか?」、“販売段階”の「どこで、どう売ったら良いのか?」といった各段階の、まだ方針がぼんやりしてモヤモヤする状況に対し、現実的にどの様に捉え、思考を切り替えて発想できるか、ワークシートを利用しながら分かり易く具体例を挙げての説明がありました。

講師からは「最高の解決方法は、学んだ手法をビジネスに当てはめて、まずは実践してみると、新たな価値を創り出していける」といった言葉がありました。

当センター製品開発支援担当では、県内中小企業の皆さんの商品開発を支援しています。もし商品開発において、似たようなモヤモヤする状況がありましたら、一度ご相談ください。

セミナーの様子ワークショップの様子