———————————————————————-
●●● OIRI メール便       大分県産業科学技術センター
( http://www.oita-ri.jp/ )
———————————————————————-

■第76回ハイパーフォーラム
『災害とICTの利活用 ~東日本大震災、熊本地震の経験と教訓の共有~』
詳細 http://www.hyper.or.jp/forum76/
(公益財団法人 ハイパーネットワーク社会研究所のホームページが開きます)

●概要:
平成28年4月の熊本地震では大分県内にも大きな被害が発生し、県民の間には
防災への関心が高まっています。東日本大震災以降、災害時のICT活用につい
ての取組みが進み、活発な研究がなされ、その成果が今後の防災対策に生かさ
れることが期待されます。
今回のハイパーフォーラムでは、東日本大震災、熊本地震などにおける経験と
教訓の共有を行うとともに、参加者によるワークショップを実施し、今後の防
災へのICTの効果的な利活用の推進の場とします。どうぞ奮ってご参加ください。

●日時:
平成29年2月8日(水)13:30~17:00(受付 13:00~)

●場所:
ソフィアホール(大分第2ソフィアプラザビル2階)
(駐車場はございません)

●定員:
100名(一般公開・参加無料)

●プログラム:
第1部 講演(13:30~16:00)
1.熊本地震から学ぶ災害時のICT活用報告
松岡祥仁(株)CLOUD-IA 代表取締役
2.住民としての被災経験を通して
工藤英幸(株)情報開発研究所代表取締役
3.自治体と民間の連携 阪神・淡路、東日本、熊本の震災から学ぶ
宮川祥子 慶應義塾大学 看護医療学部准教授
4.講師討論:熊本地震から学ぶ災害時のICT活用について
司会:会津泉 ハイパーネットワーク社会研究所主席研究員
第2部 ワークショップ(16:00~17:00)
~次の災害に備えるICT活用法~
参加者で小グループを作り、テーマ別に次の災害に備えてすべきことを
討論・発表して頂くワークショップを実施します。
(※ プログラムは変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。)

●申込方法:
WEB(http://www.hyper.or.jp/forum76/) のお申込みフォーム、または、
氏名(ふりがな)・会社名・電話番号・メールアドレスを記載いただき、
メール(forum76@hyper.or.jp)かFAX(097-537-8820)でお申込みください。

※上記の情報は、本フォーラムの受付・連絡以外に、当研究所が主催する情報
社会全般に関するセミナーなどのご案内にも使用させていただくことを予めご
了承ください。
会場には駐車場がございませんので、公共交通機関もしくは近隣の駐車場をご
利用ください。

●申込締切:
平成29年2月7日(火) 定員になり次第受付終了予定

●お問合せ先:
公益財団法人 ハイパーネットワーク社会研究所 (担当:加藤、植木)
〒870-0037 大分市東春日町51-6 大分第2ソフィアプラザビル4F
TEL:097-537-8180 FAX:097-537-8820 e-mail:forum76@hyper.or.jp

———————————————————————-
■ホームページ:
http://www.oita-ri.jp/

■メール便のお申し込み・解除
http://www.oita-ri.jp/riyou-guide/mail-bin 
———————————————————————-