平成28年10月20日(木)に大分県産学官連携推進会議、大分県高等教育協議会/地域連携研究
コンソーシアムと当センターの主催で第2回合同研究成果発表会を当センターで開催しました。
参加者は49名でした。

当センターからは、「H-ORAC法による抗酸化能評価」について発表を行いました。
過剰な活性酸素を消去することで生活習慣病を防止し、健康を維持する機能があるということで、
消費者の認知度も高い「抗酸化物質」の評価について、試料抽出から分析までの一連の操作が、
精度、再現性ともに良好に実施できる体制を整備したことを報告しました。

この他、大分大学から福祉・理学療法、心臓周囲脂肪、肥満と食品の3件の発表がありました。
(参考)第2回開催案内:http://www.oita-ri.jp/6945

参加者へのアンケートでは、参加者にとって役に立つ内容であり、今後の発表会にも期待が
高いことがわかります。
次回の第3回合同研究成果発表会は12月6日(火)に大分大学において、環境・エネルギー分野
テーマとして開催します。詳細が決まりましたら、ご案内いたします。

 

161020