令和3年12月7日(火)に「EMC規格セミナー」をオンラインで開催しました。本セミナーは、福岡・大分EMC広域連携セミナーという位置付けで、福岡県工業技術センター機械電子研究所との共催により開催しました。セミナーでは、(株)東陽テクニカの中村 哲也 様より、放射イミュニティ試験規格(IEC61000-4-3)の改訂内容や今後の動向、連続波妨害イミュニティ規格の最新動向についてご講演いただきました。また、(株)東陽テクニカ 間瀬 勝洋 様からは、車載機器用静電気規格(ISO 10605)についてご紹介いただきました。

 セミナーには18社24名の方にご参加頂きました。アンケートでは、「規格動向についてのセミナーが少なく、また遠方での開催も多いので今回のようなwebセミナーだと参加しやすい。」

、「実例等が多く説明されておりイメージしやすく、よく理解できたと思います。」、「規格が決められる経緯も聞くことが出来て大変興味深かったです。」等のご意見や、全体的に満足度の高い研修であったとの評価を頂きました。

 当センターの電波暗室では今回のセミナーでも取り上げた放射イミュニティ試験(IEC61000-4-3)や伝導イミュニティ試験(IEC61000-4-6)などのイミュニティ試験をおこなうことが出来ます。適合試験前の事前確認や市場での不具合対応など、ご相談ありましたらご連絡ください。

(電子・情報担当 首藤 高徳)

〇電波暗室など,電磁環境測定に関する機器について

http://www.oita-ri.jp/riyou-guide/kiki-riyo/denki#emc