国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)ワイヤレスネットワーク総合研究センター、福島ロボットテストフィールド及び大分県産業科学技術センターの三者は、「空の産業革命」実現に向けたテストサイト間の協力に関する協定を締結しました。
本協定では、試験研究機関(テストサイト)である三者がそれぞれ保有する知見やノウハウをもとに連携し、ドローンや空飛ぶクルマなどの安全な運用に必要な規格・試験方法の確立に向け連携して取り組むとともに、それぞれの特色ある施設を有効活用して社会実装に寄与することを目的にしています。
 ドローンによる物流や空飛ぶクルマなどの開発・実証が進む中、我が国の社会的課題の解決を目指す「空の産業革命」の実現に向け、本協定に基づいて三者間で緊密に連携し、ドローン等の社会実装に向けた取組に貢献していきます。

1 協定締結式
日時:令和2年11月27日(金) 15:20~16:20
場所:ビッグパレットふくしま 多目的ホール メインステージ
   (「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2020」内)

         ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2020での協定締結式

2 本協定の概要


3 本協定の締結者
(1)国立研究開発法人情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク総合研究センター
所在地:神奈川県横須賀市光の丘3番4号
代表者:国立研究開発法人情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク総合研究センター
     総合研究センター長 寳迫 巌
概 要:情報通信分野を専門とする日本唯一の公的研究機関として、日本が提唱する未来社会のコンセプト「Society 5.0」という超スマート社会の実現に向けて、陸・海・空・宇宙のあらゆる状況や環境の下で「つながる」ワイヤレスネットワークの研究開発や、Beyond 5Gや6Gを見据えた無線技術・システムの普及に取り組む。

(2)福島ロボットテストフィールド
所在地:福島県南相馬市原町区萱浜字新赤沼83番
代表者:公益財団法人福島イノベーション・コースト推進機構
     福島ロボットテストフィールド 所長 鈴木 真二
概 要:福島イノベーション・コースト構想に基づき整備された、陸・海・空のフィールドロボットの一大開発実証拠点。ロボットの性能評価や操縦訓練等ができるよう、東西約1,000m、南北約500mの広大な敷地内に「無人航空機エリア」、「インフラ点検・災害対応エリア」、「水中・水上ロボットエリア」、「開発基盤エリア」を設け、インフラや災害現場など実際の使用環境を再現している。

(3)大分県産業科学技術センター
所在地:大分県大分市高江西1-4361-10
代表者:大分県産業科学技術センター センター長 小谷 公人
概 要:技術支援や研究開発の取組を通じて、大分の活力創造に向けた「次世代産業の育成」と「県内産業の基盤強化」を目指す大分県の工業系公設試験研究機関。2018年4月に「先端技術イノベーションラボ(通称:Ds-Labo)」を開設し、ドローン・ロボット分野と電磁力応用関連分野の拠点化を推進。

【お問い合わせ先】

国立研究開発法人情報通信研究機構
ワイヤレスネットワーク総合研究センター
ワイヤレスシステム研究室
電話番号
046(847)5445
公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
福島ロボットテストフィールド
電話番号
0244(25)2472
大分県産業科学技術センター
企画連携担当
電話番号
097(596)7100