10月29日(火)に、3次元デジタルデータの作成ツールである3D-CAD (使用ソフト:SOLIDWORKS)について、最新の活用方法、及びモデリングに関するセミナー(二部構成)を開催しました。
第一部では、3D-CAD の概要説明、導入効果、データ管理、構造解析 について、ソリッドワークス ジャパン株式会社 西日本営業部 冨田 忠義 氏 及び営業技術部  久行 雄大 氏からご講演をいただきました。
第二部は、3D-CADの基本操作 、モデル作成、アッセンブリ、図面作成、強度解析 などの内容で、株式会社 大塚商会 CADプロモーション部  西村 友里 氏を講師にお招きし、3D-CADの体験実習を行いました。
受講者からは、「3D-CADの活用方法が理解できた。」「解析機能などが参考になった。」等のコメントをいただきました。
センターでは、3次元デジタルデータを活用した高効率・高精度なものづくりの支援を、研修などにより行って参ります。(機械担当 船田昌)